お知らせ一覧


9月の相談会スケジュールを更新しました

登校日:2021/09/01 【お知らせ】

9月12日以降どうなるのか、様々なことの見通しがたたない状況ですが、ひとつ確かなことは、今も困っている人がいて、個別での相談が必要だということだと思います。

あらゆる情報が、どこまで届けられているのか、分からない状態です。たとえば、個別相談の申し込み受付時に聞いてみると、百色通信は見たことがないが、人づてに相談会のことを聞いて、ネットで検索して相談会の情報にアクセスした人もいます。また、今年はどんな進路説明会が実施されるのか、または、中止の可能性があるのか、分からないことがこれまでより多いと思います。分からないことが多いと、先を考えるしんどさは増します。

新型コロナの影響で借りられない場所もありますが、ありがたいことに、各地域で個別相談のための場所を借りることができています。スケジュール以外の個別相談も可能です。


7、8月の相談会スケジュールを更新しました

登校日:2021/07/02 【お知らせ】

6 月下旬まで続いた岡山県での緊急事態措置が終わり、夏休みを目前に、相談会を開催する自分達にもあらゆる戸惑いがあります。例年とはまったく違う2021 年度、先が分からないからこそ、今、相談する場が必要だと思います。
大きな会場での相談会の開催は少なくなっていますが、個別での相談ができる相談会を各地で行っています。スケジュールにない日程での相談も可能ですので、お問い合わせください。


6月の相談会スケジュールを更新しました

登校日:2021/06/10 【お知らせ】

『百色の未来』相談会」は、4 年目になりました。学校に馴染めない若者を中心に、困りごとの相談にのってきました。一朝一夕に 問題が解決することは無理ですが、できるだけ具体的で、実効性のある助言を目指してやってきました。一筋の光がみえると、相談者 が何かしらの変化を示す場面に立ち会うことができるのを実感しています。 ところが、今、世の中は非常に生きづらい状況になっています。新型コロナ流行以前から、ひきこもりや自殺、貧困、虐待、うつ病 の増加など若者だけでなく大人にとっても、厳しい現実が指摘されてきました。また、最近、「ヤングケアラー」という言葉、マスコ ミでもよく登場するので、皆さんも意味はご存知だと思います。孤立・孤独といった言葉もよく耳にするようになりました。そこに、 新型コロナの影響も加わり、何らかの支援を必要とする人が増えています。 「『百色の未来』相談会」では、できるだけ『百色の未来』を強調し、相談会という言葉を控えめにした表記を使うようにしてきまし た。身近な居場所的存在として、気軽に何でも話し合えるような場作りが必要と考えているからです。相談会に変わるふさわしい言葉 がないものか考えています。皆さんからの情報提供をお願いします。


5月の相談会スケジュールを更新しました

登校日:2021/04/30 【お知らせ】

コロナの感染拡大が続いておりますが、皆様にはお変わりございませんか。昨年度は、コロナ対策を行いながら、相談会を開催してまいりました。以前と変わらぬ相談がありました。つきましては、今年度も昨年同様、コロナ対策を行いながら実施してまいります。

お知らせしている開催日以外でも、個別での相談が可能です。ご連絡ください。


1月の相談会スケジュールを更新しました

登校日:2020/12/21 【お知らせ】

今年は、コロナ対策を行いながら、相談会を開催してまいりました。現在、県下での新規感染者の発生が多く、本格的な冬の到来による、気温・湿度の低下による感染リスクの高まりが懸念されています。公民館等、過去使用中止になった会場が、これからいつまで使えるかわからない状況です。

例年では、百色の未来相談会の情報紙、百色通信1月分を、送付させていただくところですが、発行を見合わせ、確実に開催可能と思われる会場のご案内をさせていただきます。

お知らせしている開催日以外でも、個別での相談が可能です、ご連絡ください。


11月の相談会スケジュールを更新しました

登校日:2020/10/23 【お知らせ】

文部科学省が公表した2019年度の不登校調査結果によると、岡山県内では前年と比べて220人増加し、3年連続での増加となっています。暴力行為も4年連続で増加しています。子どもの自殺も300人と減っていません。児童生徒数は年々減少しています。子どもや家庭を取り巻く環境が厳しさを増していることが推察され、児童生徒の問題行動に早めに対応できる仕組みづくりを急がねばなりません。

その際必要になるのが、身近で気軽に「無料」で相談できる人や場所の確保になります。いきなり病院や専門機関に行くのは本人・保護者としてもハードルが高く、躊躇せざるをえません。そういう所へ行くと、気持ちの上で病気や障害としてとらえがちになってしまいます。悩みすぎて状況を悪くしているケースが少なくありません。必要以上に心配しすぎず、家族で前向きに歩んでいけるよう後押しをしてくれる相談場所があれば、救われる家族も増えるのではないでしょうか。困ったらお互い様、誰かとつながっていることが大切ではないでしょうか。


9 月 13 日ライフパーク倉敷第一会議室にて、百色 の未来特別相談会の今年度第一回目を開催しました。

登校日:2020/09/29 【お知らせ】

「当事者と支援者両方の立場から感じたこと、気づいたこと」をテーマに、中山遼さんと福井豪さんに講話をしていただきました。

会場の確保も難しい状況で、事務局としても迷いながら試行錯誤の日々ですが、やはり一つの会場にさまざまな立場の人が集まり、「想い」を聞く機会を設けることの意義を感じることができた特別相談会でした。

百色の未来相談会として、できることを一つずつやっていこうと思います。

 

百色相談会は、コロナ対策をとっての開催となります。それぞれに必要な対策を講じての参加をお願いします。

直接対面での数少ない相談会になると思いますので、ご活用ください。